コールマンの赤いクラシックストーブが一番のお気に入り
とりあえずブログの初記事なので、一番のお気に入りを選びました。
 
それは、Colemanのクラシックストーブ502Aです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤いクラシックストーブ502A

 
これは、コールマンが94年頃に限定で発売していたクラシックラインのストーブです。

 
この時に、メタルケースに入った200Aのランタンもクラシックラインで発売されていたのですが、

値段が2万円ぐらいしたので、購入を躊躇してしまったのです。

これは今でも後悔しています。あんとき買ってりゃ良かったと思い続けているのです。

 
同じころに買ったストーブがこれです。

 
話をクラシックストーブに戻しますが、一目惚れの理由はコレです。

 
ココがいい!

  • レトロなデザイン
  • 赤いボディ
  • 限定生産

 
とにかくクラシックなデザインは最高に気に入りました。

スポンサーリンク

ガソリンストーブを買った理由

クラシックストーブ  
当時、ケン丸はキャンピングガスのシングルガスバーナーを利用していたのですが、

ランタンが欲しくなり、だったらガソリンでランタンとバーナーを揃えようと思いました。

 
ガス缶を何個も持って行くより、ガソリン1缶のほうが、パッケージ的にもコンパクトなので。

 
そこで最初はコールマンのスポーツスターを検討してましたが、

どうしても十字型のゴトクのデザインが気に入らなかったのですよね。

 
その点、クラシックストーブのレトロなゴトクデザインは味わいがあって良いです。

 
クラシックストーブ03  
もちろんボディの赤い色も最高ですが、やっぱりゴトクのデザインが一番好きなポイントです。

火力を調整するコックも、専用の赤いダイヤルになってるのも、こだわりを感じますね。

 
そしてシンプルな赤いコールマンのロゴシールもスッキリとして良いアクセントです。

 
クラシックストーブ02  
ですが、このクラシックストーブのいいところは、これだけじゃないんですよ。

付属している収納ケースがプラスチックじゃないのです。

鍋として使えるケースが付属

クラシックストーブ  
でかい弁当箱みたいでしょ(笑

これが、たまらなくレトロな感じで気に入ってるんですよね。

 
実際に過去のシングルストーブの収納ケースで、これが使われていたのかは

ちょっと分からないのですが、復刻版なので使われていたのかな?

 
まあ、どうでもいいですね。プラスチックより頑丈そうなので安心です。

 
しかし、いいところはまだあるのです!なんか深夜の通販っぽいですが。

この収納ケースは、取ってを付けるとコッヘルとして使えるのです。

 
クラシックストーブ06  
と、自慢げに書きましたが、コッヘルとしては一回も使った事はないです。

何故かって?

そんなのガソリン入れて使うバーナーの入ったケースで、

沸かしたお湯なんて、飲めるわけないじゃないですか!

 
コッヘルにバーナーを収納してる人って、

コッヘル使うときに洗わずに使ってるんですかね?

 
これ凄い疑問なんですよ。自分の周りに居ないので。

まあ、沸騰したら殺菌はされるんだろうけど、味が・・・

 
なんか嫌だな。嫌だと思うな。いや、やっぱ無理だな。

なので、コッヘルとしては一度も使った事がないし、使う事もないですね。

 
最後にコッヘルとして使ってる人には、謝ります。ごめんなさい。

 
ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 
スポンサーリンク