BBQで炭への火のつけ方は道具があれば簡単です



 

あまりキャンプやBBQをしない知り合いと話しているときの事ですが、

 

炭着火

 

とにかく炭をおこすのが大変で苦手だと嘆いていました。

(えっ?今だにそんな事を言ってるのか)と思いましたが、

たしかにキャンプやBBQを趣味でやってるような人じゃなくて、

花見や夏など年に1~2回ぐらいの人なら知らないんだろうなと思いました。

 

スポンサードリンク

 

やり方を聞いてみると、まあ定番ですがウチワで扇ぐと言ってました。

たしかにケン丸も昔は、必死で扇いでましたよ。竹筒で吹いてもいました。

 

でも、これってほんとうに時間もかかるし、しんどいんですよね。

でもね、道具があったら誰でも簡単に、しかも楽に炭をおこせるのです!

必要な道具の紹介ですが、たった二つだけです。

 

  • 火起こし器
  • 着火材

 

名前のまんまの炭に火を起こす道具と着火材なのですが、

着火材はゼリー状の物よりも、固形で長持ちするのが良いです。

 

紹介してる記事がありますので、よろしければ参考にご覧下さい。

 「BBQで火起こし器と火消し壷があると、とっても楽チン」

 「ユニフレーム森の着火材は、火持ちも良くて臭くないです」

 

では、実際のやり方を画像と一緒に解説をしてゆきます。

 

炭着火

 

まず、火起こし器を置いても安全な場所(コンロの上など)に着火材をセットして火をつけます。

撮影した時は、少し風があったので、いちおう着火材を2個使用しています。

1個だけでも全然、炭はおこせるので、着火材は2個必要ってわけではないですよ。

 

こんな圧縮したような固形の着火材にはターボライターや小型のバーナーが便利です。

ちなみに、着火するための土台にしているのファイアグリルです。

炭を追加で燃やせるように、炭グリルとは別に土台があると便利です。

 

画像のミニトーチやファイグリルの記事もよろしければご覧下さい。

 「Colemanのミニトーチがあればスモークウッドの着火も楽です」

 「ユニフレーム ファイアグリルはBBQに焚き火に大活躍!」

 

炭着火

 

このタイプの着火材は火がつけば、なかなか消えずに長持ちします。

あとは、この上に炭を入れた火起こし器をセットすれば作業は終了です。

 

炭着火

 

炭はあんまりギューギューにつめないほうが良いです。

炭と炭の間に軽く隙間があったほうが燃えやすいと思います。

画像で使ってる炭は「岩手切炭」なのですが、燃えやすくて長持ちして

火力もそれなりと高性能な炭なんです。あと臭くもないですよ。

 

よろしければ、岩手切炭の記事もご覧下さい。

 「岩手切炭 なら堅1級は、いやな臭いもなくBBQに最高です」

 

炭着火

 

だんだんと着火材の炎が大きくなってきます。

この時に上昇気流が起こって、丸い穴から空気が取り込まれるんですね。

なので、一切うちわで扇ぐ必要はありません!

もう、こっからは見てるだけでOKです。

いや、ちょくちょく見ながらBBQの食材の準備でもして下さい。

 

炭着火

 

だんだんと下のほうの炭に火がついて煙が出だしたら、もう安心です。

ここまできたら消える心配もないので、準備に集中してもらってOKです。

でも火なので安全だけには注意して、ほったらかして下さいね。

 

炭着火

 

このときは、だいたい15~20分ぐらいで、こんな風に炭が燃えました。

あとは、好みの加減まで炭が起こったらグリルに移せば終了です。

だいだい炎が出なくなって、全体が白っぽく焼けたぐらいがベストだと思います。

 

火起こし器は自体は安いものなら1500円もだせば買えるので、

この記事を見て「楽そうだな」と思ったなら、ぜひ試してみて下さい。

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す