ユニフレーム ファイアグリルの収納なら専用ケースだね



 

ユニフレームのファイアグリルには収納ケースが付属していないので、

 

グリル収納ケース

 

「ファイアグリル収納ケース」を買って収納している人は多いんじゃないかな。

もちろんですが、専用にこだわるケン丸も収納ケースを利用しています。

 

スポンサードリンク

 

黒一色のトートバッグデザインで白いユニフレームロゴがカッコイイですね。

素材は丈夫なポリエステルなので、かなりハードに扱っても大丈夫そうです。

 

グリル収納ケース

 

シンプルな作りでポケットとかはありません。

ユニフレームのファイアグリルを収納する為だけの作りって感じです。

 

よろしければ、ユニフレームファイアグリルの記事もご覧下さい。

 「ユニフレーム ファイアグリルはBBQに焚き火に大活躍!」

 「ファイアグリル ヘビーロストルは使用頻度が高めのオプションです」

 

グリル収納ケース

 

収納ケースの開口部には、このようにバックル止めで絞れるようになっています。

少々中身を多めに詰めても、これをギュッと絞れば開口部は閉まるので、

収納ケースが倒れても物が飛び出さないので、意外と便利で役に立ってます。

 

グリル収納ケース

 

こんな感じでピッタリです。まあ専用なのであたりまえの事なのですが。

 

ユニフレームのファイグリルはスクエアなデザインなので、

普通のトートバッグだと、どうしても横に広いとか縦に長いとかで、

なかなかピッタリ入るようなサイズのバッグが無いのですよね。

 

 

なのでピッタリサイズで、しかも丈夫な専用の収納ケースを

メーカーが作って販売してくれてるのは助かるのですよね。

 

例えばケン丸の持ってるキャンプ道具で収納ケースが無いのは、

コールマンのチャコールストーブですが、ほんと困るんですよね。

仕方ないので箱に入れてキャンプ場に持って行ってますからね。

 

グリル収納ケース

 

収納ケースのマチには余裕があるので、オプションのヘビーロストルや、

炭ハサミ、革グローブ、ユニセラTGのオプションなどを入れてます。

しっかりしてるので、そこそこ重いのを入れてますが全然へっちゃらです。

 

値段も値段なので十分に満足のレベルなんですが、

欲を言えば帆布が良かったな。まあ値段が上がるのでしょうが。

化学繊維は火の粉に弱いので、焚き火台を収納するバッグなら、

やっぱり火の粉に強い帆布で作って欲しかったですね。

 

>>ファイアグリルに便利なグッズはこちら<<

 

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す