Energizer LEDフュージョン折りたたみ式ランタンを購入



久しぶりに実用的なLEDランタンを購入しました。

 

スポンサードリンク

 

 

購入したのはEnergizerの『LEDフュージョン折りたたみ式ランタン』です。

 

フュージョンLED

 

実はこのLEDフュージョン折りたたみ式ランタンは今年の2月に行ってきた

フィッシングショーのEnergizerのブースに展示しているのを見ました。

 

かなり明るいし、デザインも面白いなぁ~と思いとても欲しくなったのです。

 

しかし、当時はまだ発売されていなかったので購入する事が出来なくて、

最近になって発売済みだと知り、ようやく手に入れる事が出来たのです。

 

フュージョンLED

 

このランタンを気に入った理由は、とにかく明るい光を拡散して照らしてくれることです。

そして明るさなんですが、なんと300ルーメンもあるんです。

 

これはケン丸が持っているコールマンのCPX 6 リバーシブルLEDランタンより明るいです。

リバーシブルLEDランタンについて詳しくは下記をご覧下さい。

 「CPX6リバーシブルLEDランタンは逆さに使える」

 

あと面白いのが、このLEDフュージョンには無段階の調光機能が搭載されているのです。

本体裏面にある電源ボタンを長押しすることで、明るさを簡単に調節できます。

 

分かりやすいように動画を撮影したので見て下さい。

 

 

長押しすると段々と暗くなり一番暗い状態になると一瞬ですが消灯して、

今度は段々と明るくなり一番明るい状態になると一瞬、消灯してまた段々と暗くなります。

 

電源ボタンを長押ししている間は、ずっとこの繰り返し状態です。

 

一旦、電源を切って再度、電源を入れなおすと一番明るい状態で点灯します。

 

フュージョンLED

 

このように暗い状態にすると分かりやすいのですが、ライト部分の根元にLEDが6個あります。

これをうまく反射させて全体を照らすように光らせているとこがいいですね。

 

そしてグリップのところがヒンジになっているので、ライト部分の角度調節ができるんです。

 

フュージョンLED

 

ライト部分を開いた白いパネルの下が電池BOXになっています。

 

フュージョンLED

 

電池BOXの開閉は2箇所のロックを外すだけなので簡単に開閉が出来ます。

 

フュージョンLED

 

通常は単三電池8本で使用するのですが、画像のように4本で使用することも出来るのです。

今回の撮影では付属していたサンプル電池4本だけを使って使用しています。

 

Energizerは充電池なども販売しているので、いずれは充電池を入手したいと思っています。

やっぱり充電池のほうが消耗を気にせずにガンガン点灯できますからね。

 

 

ちなみに電池8本入れてローモードでの使用なら300時間も使えるみたいです。

だったら充電池でなくても気軽に使えますね(笑

 

電池BOXのフチにオレンジ色のラインが見えるのはパッキンなんですが、

このランタンは、全方向から10分間の水しぶきに耐える防水性能があるんです。

 

なのでアウトドアでも安心してガンガンと使い倒すことが出来るんですよね。

 

フュージョンLED

 

そして本体の背面にはスタンドが装備されているんです。

 

フュージョンLED

 

ちょっとスタンドをロックしてるツメが固いので起こすのにコツがいるんですよね。

もうちょっと簡単にスタンドを起こせるような機構にして欲しかったです。

 

フュージョンLED

 

スタンドを立てればこのように本体を立てて使用することが可能になります。

こうすると両手がフリーになるので作業効率が格段によくなります。

 

LEDフュージョン折りたたみ式ランタンは釣りや、車中泊での仕様をメインに考えてます。

なので携帯性、明るさ、防水性など実用的な性能で選びました。

 

フュージョンLED

 

とくに夜釣りなどでは大活躍してくれるだろうと期待しています。

手元を明るく照らしてくれるのでラインを結ぶ時に見やすくていいです。

 

 

値段的にもそんなに高くはないので久々に満足度の高い買物でした。

 

なんせ単三電池で長時間の点灯が可能だし、防水なので災害時にも役立ちます。

作業灯としても充分に使えるので、家でも何かと便利で使っています。

 

いずれ夜釣りで使った時に使用感なんかをアップしたいと思います。

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す