ファイアグリル ヘビーロストルは使用頻度が高めのオプションです



 

ユニフレームのファイアグリルには豊富なオプションが用意されてますが、

 

ヘビーロストル

 

この「ヘビーロストル」は、ある事をするのに必須のオプションだと言えます。

 

スポンサードリンク

 

ある事とは何かと言いますとですね、

ダッジオーブンを使って調理する場合にヘビーロストルは必須なのです。

 

ヘビーロストル

 

ヘビーロストルは頑丈なので、ダッジオーブンをのせてもビクともしません!

 

ケン丸のダッジオーブンは、同じユニフレームのスーパーディープ10インチです。

鉄の塊のようなダッジオーブンの重さは、なんと5.8Kgもあります。

満水容量は5Lとなっているので、調理時は10kgちかくになりそうです。

 

このダッジオーブンを焚き火や炭火で料理するのに便利なのが、

ユニフレームのファイアグリルなのですが、

標準で付属している焼き網では、ダッジをのせるのは無理です。

 

よろければ、ユニフレーム ファイアグリルの記事もご覧下さい。

 「ユニフレームのファイアグリルはBBQに焚き火に大活躍! 」

 

ヘビーロストル

 

極太のステンレススチールで作られているので、かなり頑丈になってます。

重さも1.3kgと、なかなかの重量感がありますよ。

素材はステンレスなので、しっかりメンテすれば錆びの心配もないです。

 

ヘビーロストル

 

ファイアグリルに標準で付属している焼き網と比較してみます。

パッと見で明らかに太さが違がうのが分かります。

 

このファイアグリルの焼き網も、安物の焼き網に比べると、

しっかりとしているのですが、比べ物にならないですね。

 

まあ、用途が違うので当然ですね、比較するのもアレですが、

比較することで、頑丈なイメージは伝わったのではないでしょうか。

 

もちろんですが、ダッジオーブン以外にもヘビーロストルは重宝します。

寒い時は暖房がわりに炭を燃やしているので、

ヘビーロストルをのせておけば、ケトルで湯を沸かしたり、

スキレットで、おやつのホットケーキを焼いたりと便利なんです。

 

よろしければ、コールマン ステンレスケトルの記事もご覧下さい。

 「コールマンの可愛いステンレスケトルがお気に入り」

 

ヘビーロストル

 

標準の焼き網よりも、手入れが簡単なのも気に入ってます。

やっぱり網だと、どうしてもコゲとか落としにくいんですよね。

その点、このヘビーロストルは横に太いステンレスの棒が、

並んでいるだけなので、ブラシでこすりやすいのです。

 

なので、魚とか網の間から落ちないような大きさの食材は、

掃除の楽なヘビーロストルで焼いたりしていますね。

干物とか炭で焼いて食べると、とても美味しいですよ。

 

 

ユニフレームの道具ってオプションが豊富で、ほんとに楽しいです。

キャンプスタイルに合わせて拡張することが出来るので、

初心者からベテランのキャンパーまで幅広く人気ですよね。

 

ケン丸の道具もユニフレーム率は、そこそこ高いです。

もし、ユニフレームにガソリン器具(ランタン、バーナーなど)があったら、

絶対にユニフレーマーになってたと思うぐらい、お気に入りのブランドです。

 

その他にもファイアグリルに便利なオプションなどがあります。

>>ユニフレーム ファイアグリルのオプション一覧<<

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す