コールマンのピクニックベンチセットはカバーがいい



これを買ってからはアルミテーブルとチェアを別々で持ってのが、

嫌になったほどコンパクトな「ピクニックベンチセット」をご紹介です。

 

スポンサードリンク

 

 

ピクニックベンチ

 

以前に紹介したコールマンの「ファミリーベンチセット」があるので、

ピクニックベンチセットはそんなに欲しいとも思ってなかったのです。

 

ファミリーベンチセットの記事はこちら

 「コールマンのファミリーベンチセットなら1台で6人OK!」

 

しかしファミリーベンチセットはアルミむき出しなので、寒い時期にはケツが冷たい!

かといって座布団とか敷くのも面倒というか、ぶさいくというか・・・

 

そこで、思い切ってコールマンのピクニックベンチセットを購入してみたのです。

 

ピクニックベンチ

 

しかし、これが思いのほか良くてかなり気に入りました。

 

アルミのロールテーブルとチェアなども持っているのですが、

あまりにコイツがコンパクトに運べるので、最近はこれしか使ってないです。

 

収納時のサイズは約93×13×27cmとなってます。

 

ちなみにケン丸が使っているのは旧モデルのピクニックベンチセットで、

現行モデルはピクニックテーブルセットと名前が変更されています。

 

 

変更されているのは名前だけじゃなく、テーブルのデザインも新しくなってます。

 

耐荷重は旧モデルも、現行モデルも同じでテーブルの耐荷重が30kgで、

ベンチはなんと140kgもの耐荷重性能があるので大人2人が座っても大丈夫です。

 

ただ重量は旧モデルのほうが軽くて9.9kgなのですが、新型は12.2kgです。

ちょっと重くなってるのが残念ですが、頑丈になってるのですかね?

 

では、ケン丸のは旧モデルですがレビューしてゆきますね。

 

ピクニックベンチ

 

このようにカバーをめくるとハンドルの両サイドにロックがあるので外します。

 

ピクニックベンチ

 

するとこのようにベンチの中にテーブルが折りたたんで収納されているのです。

 

ファミリーベンチセットはテーブルの中にベンチを収納していましたが、

こちらはベンチの中にテーブルを収納しているので、かなりコンパクトなんです。

 

ピクニックベンチ

 

ベンチの中からテーブルを取り出します。

それにしてもコンパクトにたためるもんだなと感心してしまいます。

 

ピクニックベンチ

 

組立はいたって簡単です。ただ、足を広げてテーブルの端にはめれば完成です。

でも、たたむときは手順を間違えるとダメなので、ちゃんと覚えとかないとダメです。

 

ピクニックベンチ

 

ベンチについてはもっと簡単です。足を立ててロックをかければ完成です。

 

ピクニックベンチ

 

このあたりの構造はファミリーベンチセットと同じですね。

見た目はちゃちなんですが、意外と耐荷重140kgと頑丈です。

 

ピクニックベンチ

 

そして、なんといってもカバーがいいんですよね。

ちょっとしたクッション性もあるので、座ってても尻が痛くなりにくいです。

 

ピクニックベンチ

 

カバーを外すとアルミテーブルのようなデザインなのです。

見てのとおりフラットなので物を置く台などにも使えて便利なんですよ。

 

テーブルとベンチの使用時のサイズは以下のとおりです。

 

  • テーブル:約90×57×70cm
  • ベンチ:約93×27×39.5cm

 

4人で使うにはちょっと狭いですが、2人で使うなら十分なサイズです。

このようにコンパクトに収納できるテーブルセットは各メーカーから発売されてます。

 

 

キャプテンスタッグが販売しているナチュラルなシダー杉製のもおしゃれですが、

やっぱりカバーのあるコールマンのピクニックテーブルセットがおすすめですね。

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す