コールマンのハンギングドライネットはたたみ方も簡単でコンパクト



 

キャンプであると重宝するのが、こんな棚になってるネットですよね。

 

ハンギングドライネット

 

コールマンのハンギングドライネットは縦長でフックも付いてるので、

画像みたいにテントの入り口とかにぶら下げても、そんな邪魔になりません。

 

スポンサードリンク

 

コレを買うまでは、釣具屋で買った青くて四角いネットを使ってたのですが、

あちらは容量が多いのはいいのですが、サイズも大きいので邪魔なのです。

そして収納サイズが、コールマンのネットは驚くほど小さくなるのです。

 

ハンギングドライネット

 

どうですか缶コーヒーと比べても、このサイズですよ。ポケットサイズです。

円柱形のデザインなので、これだけコンパクトな収納を実現しています。

 

ハンギングドライネット

 

収納ケースを開くと、すでに中のネットが広がろうとしています。

ポップアップテントとかと同じような作りになっています。

 

ハンギングドライネット

 

ケースから取り出すと、手で押さえていないと広がりを止めれないです。

車のドアなどに貼るメッシュのサンシェードなんかも、こんな畳み方してますよね。

 

ハンギングドライネット

 

あとは手を離せば勝手に広がるので、フックで吊り下げれば完成です。

収納時は邪魔にならないコンパクトさなので、

必要な時に出してきてサッと広げれば良いので便利です。

 

 

これの使うのはなんといっても洗い物の食器を干すときですね。

最初は、ちょっと容量が少ないかなと思ってたのですが、

以前使っていた大きなネットに比べると、

干していても邪魔にならないので、気に入っています。

 

ハンギングドライネット

 

3段になっているので、サイズの割にはけっこう干せますよ。

あと、燻製するとに食材を干すのにも便利なのですよね。

食材はネットに入れて干さないと虫がたかったり、鳥に持っていかれるので。

 

ハンギングドライネット

 

最後に片付けですが、これもとっても簡単です。

画像では写真を撮るのに、片方は足で踏んでますが、

通常は両手でもってクルッと絞れば、あっという間にたためます。

あとは広がらないように押さえた状態で収納ケースに入れるだけです。

 

もちろんコールマンらしいグリーンのカラーやデザインも気に入ってます。

 

他にも各メーカーからキャンプに便利なドライネットが販売されていますよ。

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す