ニューウインドスクリーンはストーブに必須のオプションです



 

シングルストーブ使うならコールマンの「ニューウインドスクリーン」は必須ですね。

ちょっとでも風があるときは、これを使わないと燃焼効率がわるいんですよ。

 

スポンサードリンク

 

 

ウインドスクリーン

 

シングルストーブ使うなら絶対に持っておいて損はないオプションですね。

 

適合モデルは♯508、533、440、442、445、550Bとなっているので、

スポーツスターやピークワンなどのガソリンストーブに使用できます。

 

ウインドスクリーン

 

専用のオプションなので当然ですが、ピッタリとはまりますね。

なんといっても本体に取り付けできるのが気に入ってる点ですね。

 

ただ、気に入らない点もあります。

それはクラシックタイプのゴトクには使えないことです。

 

センテニアルストーブ

 

まあ、形状が全然ちがうので使用できなくて当たり前なんですけどね。

だったら、このタイプのゴトク用にウインドスクリーンを作って下さいよ!

 

さて、気をとりなおしてレビューを続けます。

 

ウインドスクリーン

 

素材はアルスター鋼板です。結構つかっていますが、そんなに腐食はしてないです。

しっかりコールマンのロゴも入っていて見た目をいい感じです。

 

ウインドスクリーン

 

画像でも分かると思いますが、4つのパーツで構成されています。

そのうちの一箇所はジョイントを外すことが出来るので、折りたたんで収納が可能です。

 

ウインドスクリーン

 

折りたたむと、かなりコンパクトになるので持ち運びに便利です。

重さも150gぐらいなので、とても軽いですよ。

 

値段も安いので、おすすめのオプション装備ですね。

 

ケン丸はクラシックなデザインのシングルストーブが好きなので、

基本的にはクラシックストーブや、センテニアルストーブを使用しています。

 

よければそれらのストーブについての記事もご覧下さい。

 「コールマンの赤いクラシックストーブが一番のお気に入り」

 「100周年記念モデルのセンテニアルストーブはピカピカです」

 

ですが、風があると風防のないクラシック型のストーブだと燃焼効率が悪くなるので、

ニューウインドスクリーンが使えるストーブを使用しているぐらいです。

 

ほんと、風が吹いてるときに風防なしで使うと、なかなかお湯が沸かないんですよ。

 

まあ、ニューウインドスクリーンみたいに取り付けできるタイプじゃなければ、

各メーカーから、いろいろと風防は発売されているのですけどね。

 

 

ウインドスクリーンの性能としては、これらのタイプのほうがいいとは思うのですが、

やっぱり本体と一体になるってデザイン的な部分で、ニューウインドスクリーンがいいですね。

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す