安物のシューマイをスモークポットで燻製に



スモークポットを買ってから、すっかり燻製作りにはまってます。

 

スポンサードリンク

 

 

ほんとSOTOのスモークポットがあると自宅で気軽に燻製できるのでいいです。

そんなわけで今日はスモークシューマイを作ったのでご紹介します。

 

しゅうまい

 

材料は特売で80円のチルドシューマイを使います。

あれ?シウマイって書いてますね・・・

 

どっちが正式な名称なのか気になるのでヤフーで検索してみると、

シューマイは約3,920,000件、シウマイは約2,830,000件となってます。

 

検索上位のものを見てみると横浜名物がシウマイって言うようですね。

よく見るとパッケージにも横浜名物って書いてました(汗

 

そんな事はどうでもよかったですね。じゃあ作っていきます。

 

しゅうまい

 

醤油とお酒を1:1ぐらいにしたタレをシューマイに塗るのですが、

ハケが見つからなかったので、ドブ漬けしています。

 

べったりとタレを漬けすぎのように思われるかもしれませんが、

燻製にするとそれほど醤油辛くはなったりしませんよ。

 

まあケン丸は味が濃いほうが好みなので、ちょっと多めにつけますが、

普通にシューマイ食うときでもこれぐらいは醤油をつけるので問題なしです。

 

しゅうまい

 

そして冷蔵庫で1時間ほど風乾します。

その間にスモークポットのウッドチップを準備をします。

 

しゅうまい

 

今回はSOTOのスモークチップで魚・肉におすすめのヒッコリーを使います。

実はヒッコリーを使うのは今回が初めてなので、どんな香りか楽しみなのです。

 

しゅうまい

 

いつものようにスモークポットの底にアルミホイルをしいて、

スモークチップを一掴みほどのせて、その上にザラメを少々のせます。

 

しゅうまい

 

シューマイのほうも表面が乾いて準備OKなので燻していきますよ。

今回の食材は加熱して食べるシューマイなので、もちろんですが熱燻です。

 

80~100度ぐらいで15分ほど燻煙してみます。

 

しゅうまい

 

スモークポットは中火でほっておくと温度がどんどん上昇していくので、

しっかりと温度計をチェックして火力調節を行う必要があります。

 

画像のように100度までくると火を止めるか、フタを開けるしかないのですが、

火を止めるとチップも消えて煙が出なくなるんですよね・・・

 

なのでスモークポットは弱火でゆっくりと温度が上昇するように火力調節してます。

 

しゅうまい

 

15分たったのでフタを開けてみると、いい感じで飴色に仕上がっています。

 

できたてホヤホヤのジューシーなのを食べたいところですが、

まだ香りがよくないので冷蔵庫で一晩ほど寝かせます。

 

しゅうまい

 

一晩寝かせて色と照りもよくなって美味しそうに仕上がりました。

 

ヒッコリーの香りは、いつも使っている旨味ブレンドよりややクセがありますね。

悪くはないですがケン丸的には旨味ブレンドのほうが好みですね。

 

それにしても安物のシューマイが、ちょっと上等なおつまみに大変身ですよ。

スモークポットがあるとキッチンで手軽に燻製が作れるので楽しいです。

 

SOTOのスモークポットについて詳しくは下記記事をご覧下さい。

 「燻製を自宅のキッチンで作るならスモークポットが便利」

 

ブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックしてもらえると嬉しいです(^o^)/

オートキャンプ ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


コメントを残す